基本方針

当園は、社会への適応や、身辺の自立が困難な障害者を家庭に代わる基本的な生活の場として受け入れ、医療・教育・職業訓練・レクレーションなどを通じて、その能力の向上を図るとともに、社会参加への道を促進することを目的とします。
 特に、『利用者の信頼と納得の得られる質の高いサービスの提供』を目標に職員一同『創意』『工夫』『改革』の3つを念頭に運営に当たります。

 第一たちばな学園 

たちばな学園は県南部地域で初の知的障害者更生施設(当時)として開設しました。その後定員30名から100名に増員。平成26年に『たちばな学園』を廃止し、入所定員70名の第一たちばな学園、入所定員30名の第二たちばな学園に分かれました。
第一たちばな学園は、入所者の皆さんに対して自立に必要な生活支援や作業訓練を提供するだけでなく、在宅障害者の皆さんへのホームヘルプやショートステイの受け入れ、就業訓練など、幅広い支援を行っています。

 

 

住 所
〒849-1425 佐賀県嬉野市塩田町大字五町田甲2147
電 話
TEL : 0954-66-6161
FAX : 0954-66-6162
E-mail : tachibana-gakuen@tachibana-kai.or.jp
園 長
熊 巖 (くま いわお)
定 員
通所 : 96名(昼間)
入所 : 70名(夜間)
職員数
園 長  1名
総務課  7名
支援員  57名
栄養士  2名
調理員  6名
嘱託医  2名
看護師  2名

 

 


この看板を目印にお越しください。