第一たちばな学園が平成31年度安全運転モデル事業所に選定されました。

指定書交付式では以下のとおり安全宣言をさせていただきました。

 

 私たち、安全運転管理者 選任事業所は、2019年度の「安全運転管理モデル事業所」として、指定を受けました。

  私たち、事業所は、このモデル事業所指定の趣旨が、

  “従業員とその家族から、地域全体へと交通マナーを広げること”

  “交通事故を減少させ、地域の安全安心に貢献すること”

  等であることを十分理解し、管内事業所の代表として、この一年間、

  ・法定速度を守り、地域におけるスピードコントロールのペースメーカーとなる

  ・子供と高齢者を守る 思いやり運転をする

  ・横断歩道を渡ろうとする歩行者がいたら、停止線の手前に停車する

  ・3秒間の車間距離や、3秒あるいは30メートル手前からの早めの合図

  等を活動テーマとして、事業所全職員が、一丸となって推進していくことを宣言します。

 

この活動が一年間で終わることのないよう安全運転に努めます。