1969(昭44) 個人立として保育園事業開始
1972(昭47) 法人設立発起人会発足
1973(昭48) 「たちばな保育園」認可 定員60名
社会福祉法人たちばな会厚生大臣認可
1983(昭58) 知的障害者更生施設「たちばな学園」開園 定員30名
1986(昭61) 「たちばな学園」増設 定員70名
1989(平元) 「たちばな保育園」移転新築 定員70名
1994(平6) 「たちばな学園」増設 定員100名
1997(平9) 知的障害児(者)短期入所支援事業開始
1998(平10) 社会福祉法人たちばな会理事増員(6→10)
放課後児童健全育成事業「学童クラブチャイランド」設置
2000(平12) 知的障害者授産施設(通所)「かがやきの丘」開所 定員30名
グループホーム「冬野寮」開所 定員5名
2001(平13) グループホーム「こむたハイツ」開所 定員5名
2002(平14) 障害者就業・生活支援センター事業開設
2003(平15) 障害者居宅介護事業 開始
グループホーム「みさきハイツ」開所 定員5名
2004(平16) グループホーム「みかざきハイツ」開所 定員7名
2006(平18) グループホーム「メゾン蟻尾山」開所 定員7名
2007(平19) 「かがやきの丘」が障害福祉サービス事業所(多機能型)へ移行し、定員を40名に増員
2008(平20) グループホーム「中川ハイツ」開所 定員7名
2009(平21) 佐賀県より 養護老人ホーム「伊万里向陽園」、知的障害者通勤寮(「九千部寮」・「金立寮」)の経営移管を受ける。
「チョボラ鹿島店」(就労継続
支援A型)開設 定員10名
2010(平22) グループホーム「メゾン高津原」開所 定員7名
2011(平23) 「かがやきの丘」増員 定員60名
「金立寮」がグループホームに移行 「第1金立寮」(定員10)「第2金立寮」(定員7名)
2012(平24) 「九千部寮」がグループホームに移行 「第1九千部寮」(定員20)「第2九千部寮」(定員7名)
「たちばな学園」が障害者支援施設へ移行、作業所「スマイルワークたちばな」を併設。
通所(昼間)126名、入所(夜間)100名に定員変更。
2013(平25) 介護保険事業所「向陽」開設
2014(平26) グループホーム「メゾン西牟田」開所 定員4名
2014(平26) 入所定員100名の障害者支援施設「たちばな学園」廃止
入所定員 70名の障害者支援施設「第一たちばな学園」新規開設
入所定員 30名の障害者支援施設「第二たちばな学園」既存施設を利用し開設
事業種別 事業所名 開設年月日
保育所 たちばな保育園 昭和48年4月1日
障害者支援施設 たちばな学園 昭和58年4月1日
養護老人ホーム 伊万里向陽園 昭和23年12月
障害福祉サービス(多機能型)事業所 かがやきの丘 平成12年7月1日
一体型共同生活介護・共同生活援助
(ケアホーム・グループホーム)
みかざきハイツ他 平成13年10月1日
金立寮 昭和51年4月
九千部寮 昭和44年5月
障害福祉サービス
(就労継続支援A型)事業所
チョボラ鹿島店 平成21年4月1日
障害者就業・生活支援センター事業 障害者就業・生活支援センター
(社会福祉法人たちばな会)
平成14年7月1日
介護保険事業所 向陽 平成25年2月
住 所 佐賀県嬉野市塩田町大字五町田甲1354番地1
(たちばな保育園内)
代表者 理事長 小寺 大誠
電話/FAX (0954)66−4060
役員構成 理事6名/評議員13名/監事2名
お知らせ
お知らせは
こちら
 多様な福祉サービスが その利用者の意向を尊重して統合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、又はその有する能力に応じ自立した日常生活を地域社会において営む事ができるよう支援することを目的として社会福祉事業を運営します。
目 的

沿 革

社会福祉法人たちばな会
たちばな通信
平成27年度 社会福祉法人たちばな会の情報を開示しました (詳しくは お知らせをご覧下さい)