法人案内

情報開示

苦情公表

社会福祉法人たちばな会では、利用者の皆さまから寄せられた苦情について、申出者が拒否される場合を除き、その内容や対応について公表しています。

個人情報やプライバシーに配慮し申出者の不利益にならないよういたします。

利用者の皆さまからいただいた苦情を公表し適正に対応することで、法人運営の透明性を高め、より良い福祉の実現に繋げます。

 

平成31年度 受付分

平成31年4月:職員の運転マナーについて

内容・要望

第一たちばな学園利用者様を自宅へお送り後、施設へ戻る際の運転マナーについて後続の運転手様より改善を求められる。

結果・対応

運行記録から職員へ聴き取りを行い事実関係が認められたため直接謝罪した。即時当該職員を含む全職員へ運転マナー向上のための啓発を行う。また、安全運転に関する講習の機会を設ける。

第三者委員会

報告の要否:否

助言・立ち会いの要否:否

平成30年度 受付分

平成30年8月:グループホームでの掃除当番について

内容・要望

共有スペースの朝の清掃に特定の利用者1名が割り振られていない。平等にしてもらいたい。

結果・対応

当番に入っていない方は早朝出勤のため別の用務を行ってきた経緯があった。平等性の確保のためすべての方を当番表に反映することで双方の合意が得られた。

第三者委員会

報告の要否:否

助言・立ち会いの要否:否

平成30年4月:保育士による写真の撮影とその取扱いについて

内容・要望

保育士が勤務中に撮影した業務上不要な画像に意図しない別の利用者が映り込んでいた。当該保育士がその画像を第三者に提供したことから映り込んだ保護者に伝わりこのことが発覚した。保護者からは業務上不適切な写真の撮影と画像の外部への流出がないようにしてほしいとの訴えがあった。

結果・対応

事実を確認し、保護者へ直接謝罪する。当該保育士へは厳重に注意した。他職員へも規律を守り、個人情報の取り扱いは細心の注意を払うよう指導した。

第三者委員会

報告の要否:否

助言・立ち会いの要否:否

ページTOP